VIO脱毛は痛いの?

エステや美容クリニックでの脱毛で痛みを感じやすい箇所で、必ず上位に上がるのがVIOゾーンです。

 

脱毛で痛みを感じる理由は、ムダ毛が生える元の毛母細胞をレーザーや光を使った機器を使って熱で弱らせたり焼き潰しているからです。

 

強力な医療用レーザーを用いる美容クリニックでは、永久脱毛を行うために毛母細胞を一瞬ですが約200℃で焼くため、隣接する細胞も火傷を起こし痛みを感じます。

 

医療用レーザーに比べれば出力の弱い光脱毛でも、毛母細胞の活動を弱らせるのに十分な約70℃の熱を生じるので痛みを感じます。

 

VIO脱毛が特に他の箇所よりも痛みを感じるのは、他のゾーンに比べて太い毛が密集して生えているため、熱が狭い箇所で集中しやすいので、その分痛みを感じやすくなります。

 

またVIOゾーンはデリケートゾーンと呼ばれていて、脂肪が少なくて皮膚自体が薄い箇所で敏感なため、より痛みを感じやすい事も理由です。

 

そのためVIO脱毛を行う時には、美容クリニックやエステでは様々な痛みの軽減策がとられています。

 

美容クリニックは、施術前に皮下麻酔を塗ったり、施術中に笑気ガスや一部施設では全身麻酔を行ってます。

 

エステでは冷却ジェルを使ったり、光の出力を下げて痛みを軽減しています。

 

→ 痛くない脱毛サロンランキングはコチラ!

脱毛サロンでの体験談

Vラインだけ残して脱毛しました

 

女性

 

VIO脱毛はデリケートな場所だからこそ、気になる場所で、なかなか人に聞けないことだと思います。

 

私は全身脱毛をしたときに担当の方から、「今はVIOも全部脱毛する人が多いですよー。

 

私もやってますけど、すごく楽だし、オススメです」と言われました。

 

確かに、周りでも生理前は毎月全剃りしているという人もいれば、全部脱毛してツルツルだよ〜と言っている人もいます。

 

でも、私は温泉に行くのが好きで、大浴場に行った時にVIOが全然ないのは恥ずかしい…と思い、IOは全部脱毛し、Vラインは小さくして形を整える程度にしました。

 

脱毛に通っている間は1〜2カ月毎に電気シェーバーを使っていましたが、初めはVIOの毛を剃るのはすごく慣れなかったです。

 

Vラインはまだいいんですが、Iラインが難しくて、特に内側やおしりに近い方は剃りにくかったです。

 

全部剃ったつもりでも、後から長い毛が数本残っているのに気付いて何度か剃って…という感じでした。

 

でも、生理の時ムレなくて快適だよ、という話は実感できました。

 

今は全身脱毛10回ほど通い終えてしばらく経ちますが、Iラインは量は少なめですが、普通に毛があります。

 

Vラインはやや小さくなったままキープ出来ているので、ほとんど自分で処理することはないです。

 

Iラインは量が増えてきたなと感じるときに時々電気シェーバーで剃っています。

 

こんな私の体験談ですが、少しでも参考になればと思います。

 

脱毛サロンで全身脱毛中

 

女性

 

脱毛サロンに通い、VIO脱毛をしています。

 

VIOを特に処理したかったのではなく、全身脱毛コースで契約しました。

 

サロンに通い始める前は自己処理をしていませんでしたし、現在もサロン以外の処理はしていません。

 

VIO脱毛は特に痛いと聞いていましたが、私には我慢できる程度の痛みでした。

 

また、相手は仕事で毎日見ている人たち、しかも全身脱毛コースで通う人が多いサロンだったため、サロンスタッフに見られる恥ずかしさも感じませんでした。

 

数回通い、VIOの毛は少し柔らかくなりましたが、見た目はほぼ変化がありません。

 

VIO脱毛の具体的な処理方法としては、サロンでの施術予約日前日までにV、Iの自分で処理できる部分の毛を処理しておきます。

 

Oの毛はサロンで施術前に処理を「お手伝い」してくれます。

 

その後に、毛が処理されている部分に光を当ててくれます。

 

ですので、Vは自分の好きな形にして行くことができるのですが、思った通りの形に処理すること、毎回同じ形に処理することが難しいです。

 

私の場合はまったく処理していなかった頃から、処理していなかったせいで恥ずかしい思いをしたという経験もなく、VIOの処理の必要性を感じていません。

 

温泉、大衆浴場を頻繁に利用するわけでもないですし、急に海やプールで水着を着なければならないということもこれからも起きそうにありません。

 

でも、全身脱毛コースにしているので「一応」VIO脱毛も含めてまだ通い続けると思います。

 

プロにお任せしています

 

女性

 

恥ずかしながら20代後半までVIOの処理をするのが一般的だと知らなかった私は、初めての脱毛サロンのカウンセリングで処理してもらうことを決めました。

 

施術の前日にシェーバーでムダ毛が残らないように自己処理をしていかなくてはいけないのですが、この慣れない作業が大変でした。

 

見ながら剃らないと怪我をしてしまうので鏡とゴミ箱に跨がりながらシェーバーを当てていくのですが、なんとも情けない姿に一人恥ずかしい気持ちになるのです。

 

しかし本当に恥ずかしかったのは脱毛サロンでの施術でした。

 

まずは剃り残しがないか明るい室内でサロンのお姉さんに隈なくチェックされるのですが、VIOをそんなまじまじと見られたことがなかったので変な緊張で汗をかいてしまいました。
そしていざ照射していくのですが、これがまた痛いのです。

 

パチンパチンと太めのゴムで弾かれているような痛さで、我慢できない程ではないけれど笑えもしない拷問のような時間でした。

 

涙を流しながら脚を広げている自分の姿を想像すると痛みよりも恥ずかしさと情けなさが勝ってきて、複雑な気持ちになります。

 

そして、冷却のためにお尻に保冷剤を挟まれているときは悲しい気持ちになります。

 

しかしその恥ずかしさを乗り越えるとツルツルの肌になれるので、脱毛サロンで処理をしてもらってよかったと思っています。

 

エステでのV字とI字の脱毛

 

女性

 

以前、エステでV字及びI字脱毛を経験しました。

 

そのエステでは、まつ毛パーマやフェイシャルエステなどの施術を受けており、エステティシャンの方たちとも顔なじみだったので、アンダーヘアの処理に困っていることを相談した上で始めた脱毛でした。

 

でも、施術にかかる費用を抑えたいがために、回数を減らしてしまったので、予定よりもムダ毛の処理には結びつきませんでした。

 

しかも、いくらエステティシャンの方たちと顔なじみで気心が知れているといっても、アンダーヘアの処理する上ではアソコも見られてしまうのがちょっと恥ずかしかったです。

 

なので、VラインもIラインも脱毛処理をお願いする前に考えていたほどには脱毛の成果はありませんが、脱毛前に比較して、ライトを照射した部分の毛が剛毛ではなくなったため自分でも処理しやすくはなりました。

 

エステで脱毛をお願いした時に値段との交渉で、O字部分の脱毛は断念したのですが、O字こそ脱毛をお願いすべきだったと今になって思います。

 

理由は、O字部分のアンダーヘアの処理は自分では難しいこと、アソコよりもお尻の穴の方が見られても恥ずかしくなかったなと思うからです。

 

自己処理ではなかなかキレイに処理できない上、処理した後も毛がチクチクして痛かったりしてOラインの脱毛処理には苦労しています。

 

医療脱毛クリニックで脱毛経験

 

女性

 

4年前、医療脱毛クリニック〔アリシアクリニック〕にて、8回コースのVIO脱毛をいたしました。

 

理由は3つ、同じクリニックにて、両足ひざ下と両脇の永久脱毛を同じ8回コースでやってみて、感触がよかったからです。

 

料金は10−20万くらいだったでしょうか。

 

ふたつめは、脱毛の手間を省くことでファッション〔下着や水着など〕の幅を広げたかっとこと。

 

好きなものが好きな時に着られるようになるのは最高でした。

 

そしてみっつめは、PMSの不快感をすこしでもへらしたかったことも大きな理由でした。

 

脱毛によって生理の血が毛についてしまってからまって乾いて気持ち悪かったり、蒸れを減らせたらイライラが減るのでは、と期待しました。

 

VIO医療脱毛をしたときの感触は、とにかく痛い!!!です。

 

両足両脇の痛みと同じくらいと思っていると本当に「痛い」めをみます。

 

私の場合、Oラインはそうでもなく、Vは「いたっ、いたっ」と一度ごとに思うレベル、Iラインは・・・いちばん弱い刺激のレベルに設定してもらっても、痛すぎて、8回中7回しかできず、1度は途中でたえきれず中断したレベルです。

 

今思えば、Iラインの途中中断回は、生理がおわって数日くらいで、まだ蒸れでデリケートゾーンが肌荒れしていたのかもしれませんが・・・

 

生理が終わっても、肌の調子が元に戻るまでは、やめたほうがよいと思います。

 

無料で炎症を収めるクリームが毎回もらえるので、それがよくきき、肌荒れなどとは無縁で快適でした。

 

ただ、8回〔Iは7回〕やっても、完全にきれいになるわけではない〔1割くらいは残るかんじ、完全につるつるにしたいならあと5回は施術がいるとのこと〕ので、抜け残りの処理は必須です。

 

でも、処理は圧倒的に楽できれいです。

自己処理した方の体験談

VIO部分を抜いて整える

 

女性

 

VIOを自分で脱毛歴4年目です。もともとはムダ毛処理用のシェーバーで処理しています。

 

しかし、私はかなり剛毛でしかも毛深い体質。せっかく処理しても三日もしない内にシェーバーで処理したところは、髭が生えの時の男性の頬と同じ感触。

 

ある日、思いつきで家にあったセルフ脱毛器をつかってVIOを整えてみる事にしました。

 

最初のセルフ脱毛チャレンジの結果を一言で表すならば”もはや中世の拷問器具に出してもいいレベルの痛み”でした。

 

失敗点としては処理する毛が長すぎた為に、脱毛器に絡まり引っ張られた事、身体を温めていなかった為、毛穴が開いていなかったので、脱毛時の痛みは涙が出るほど痛かったです。

 

その時は、脱毛器での処理を中断し、いつも通りシェーバーで全ての部分を剃毛しました。

 

そして、脱毛器で抜ける程度の毛が生えてきた頃に、前回の失敗点を活かして事前にお風呂で身体を温め、ボディーソープなどをつけてからセルフ脱毛を再チャレンジ。

 

多少の痛みはあるものの前回よりましになりました。

 

そして脱毛器で脱毛した所は、2週間程度生えてこない結果に。

 

悩みだったジョリジョリする感触も暫くありません。

 

そこからは定期的に生えてきたらセルフ脱毛を行っています。

 

また脱毛を繰り返すほどに痛みは少なくなりました。

 

今でも定期的に私はこの方法で処理しています。

 

事前にしっかりと体を温める事と脱毛部分のアンダーヘアは短めにする事が痛みはかなり防げます。

 

カミソリと毛抜きと根性で綺麗に!

 

女性

 

VIOラインの処理、エステに行くのは恥ずかしいし抵抗がありますが、体毛が濃い目なので処理しないと水着になる時や男性と行為するときに恥ずかしいです。

 

なのでお風呂に入った時に自分で手入れをしています。

 

Vラインはカミソリで形を整えて、削ぐようにして量と長さも減らしました。

 

lラインは始めはカミソリで剃っていましたが、ムレやすい場所で雑菌が入りやすいのか、頻繁に剃った毛穴が腫れて膿がたまっていました。

 

下着や服があたってとても辛かったです。

 

なので慣れるまでは痛いのですが、毛抜きで全部抜くことにしました。

 

これがなかなか痛い!私の陰毛は毛がしっかりしていて、ご立派な毛根が大根を抜くときのようにプリン!プリン!とついてきます。

 

涙をこらえながら自分でIラインを覗きながら一本一本ぜんぶ毛抜きで抜きました。

 

これはカミソリより雑菌が入ることは少なかったですが、次に生えてくる毛が埋れ毛になることが稀にあり、これを抜く時が痛かったです。

 

しかし慣れてくると多少の快感になってきて、全部抜いた後のサラサラ感がクセになり、ストレスが溜まるとIラインを毛抜きで抜くという人に言えない発散方法でストレス解消していました。

 

Oラインに関しては、そこまで気にならなかったのですが、寝れない夜なんかに指でつまんで適当に引っこ抜いていました(笑)何回か引っこ抜くともう抜く毛がなくなるのでそれで完了です。

 

Vライン以外はちょっと恥ずかしくて人に言えないですが、私のデリケートゾーンはこれでいつもピカピカです!

 

自己処理で大失敗

 

女性

 

Vラインのムダ毛処理…多くの女性が悩む問題だと思います。

 

また、私は量が多いのでほうっておくと、ちょっといくらなんでもみっともないのです。

 

水着ではなくても、ちょっとおしゃれなショーツをはいたら、もうはみ出してしまう。これは人に見せられません。

 

とは言え、ちゃんとお店で脱毛処理してもらうのも恥ずかしくて(お金も時間もかかりますし)、いつもハサミで自己処理していました。

 

それがある夏の日、出来心でカミソリを使ってしまったんです。これが大失敗でした。

 

別に怪我したりカミソリ負けしたりということはなかったんですが、あとから…かゆいんです、とても。

 

あわててインターネットで検索してみたところ、どうもカミソリで剃ってしまうと毛先がとがるため、それが肌に刺激を与えてかゆくなってしまうんですね。

 

もちろんこれも個人差があって、大丈夫な人は大丈夫らしいのですが、私はもうとてもかゆくてたまりません。

 

あるていど毛が伸びてきて、かゆさがおさまるまでの時期はとてもつらかったです。

 

もちろんかゆみ止めも塗ったのですが、人目につかないところではかきむしっておりました。

 

剃った直後は見た目も綺麗で満足できたのですが、二度とカミソリで自己処理なんかしない!と固く誓った日々でした。

 

セルフVIO脱毛のススメ

 

女性

 

VIO脱毛に興味はあってもお金やエステに通う勇気がない…そんな方におすすめしたいのがセルフVIO脱毛です。

 

自分自身で作業を行うため、カミソリやハサミ等の初期費用のみで気軽にチャレンジすることができます。

 

私が実際にVIO脱毛をする際に行なっている方法が、カミソリで剃っていく方法になります。カミソリというと、“剃り残しやチクチク感”が気になる方もいらっしゃるかと思うのですが、ここ最近はVIO専用のものも登場しており、非常に優秀なものも多いため、私は全力でおすすめしたいです。

 

方法として、?まずはどのような形にするのかを決め、その形に沿って毛をハサミで短く切り揃えておきます。

 

その後に?剃毛部分を温めます。毛が硬いと剃りづらく、痛みを伴う場合がありますのでここはしっかりと行いましょう。

 

次に?カミソリで気になる部分を少しずつ剃っていきましょう。

 

デリケートな部分ですので、怪我はしないように少しずつ慎重すぎるくらいのスピードで剃って下さいね。

 

I・Oラインは鏡などを使うと見えやすくなるのでおすすめです。

 

最後に?剃毛部分をクリーム等でしっかりと保湿をして下さい。

 

私はこの作業を怠り、過去に痛痒い思いをしたことがありますので、ベタベタになり過ぎない程度にしっかりと保湿はしておきましょう。

 

デリケートな部分だからこそ、しっかりとしたアフターケアが重要になってきます。

 

以上が私が過去?現在に行なっているセルフVIO脱毛の方法&体験談でした。

 

この方法は簡単にチャレンジができると思いますので、VIOについて悩まれている方は是非参考下されば幸いです。